Concept model Sonia特集 PART1 コンセプト、ストラトキャスターとの違い

こんにちは。

SagoのConcept Modelを深掘りするコーナー。今回はSonia特集PART1をお送りしたいと思います。

Soniaキュウソネコカミのオカザワ氏YOSHIHIRO氏(ex.ギルド)をはじめとして、多くのギタリストからご支持頂いているSago主力のConcept modelです。
このPART1ではコンセプトやストラトキャスターとの違いを解説したいと思います。

 

 

 

 

 

 1.コンセプトは新しいストラトキャスターの提案

ストラトキャスターはジミ・ヘンドリックス氏やジェフ・ベック氏、またSagoのギターをご愛用頂いているSpitzの草野マサムネ氏和楽器バンド、m:atureの桜村眞氏(和楽器バンド:町屋氏)Sagoのストラトタイプ、Classic Style-Sをご使用頂いており、数々のスターギタリストを生み出したギターの定番モデルです。

チャキッとした歯切れのいいトーン、高い演奏性、カスタマイズに優れているなど非常に万能なギターであるため、ギタリストなら1本は持っておきたいですね。

そしてSagoの視点で新たなストラトタイプギターとして開発したのがSoniaです。

万能性を継承しつつ、従来のストラトキャスターにはない新しいスタイルのストラトタイプギターとしてサウンド、チューニング精度、プレイアビリティを追求しました。

 

 

 

 

2.ストラトキャスターとはどこが違うのか?

では一般的なストラトキャスターとはどこが違うのか?書き出してみました↓

 

 

 

 

この中で特に注目するポイントとしてはセンターピックアップの位置です。

詳しい内容はPART3のサウンド、マイナーチェンジ編で述べますが、ブリッジ寄りにセンターピックアップを配置することで、ハリのあるセンターピックアップでのサウンドあるいはシングルリアに近いサウンドが出せます。

またフロントピックアップとの距離が生まれることにより、ハーフトーンでは立体感のある独特な音色をお楽しみ頂けます。

 

 

 

そして激しくアーミングしても極力チューニングが狂わないよう、ヘッド周りは試行錯誤を繰り返し、現在のスタイルへと進化しました。

 

 

こちらも詳しい内容についてはPART2の木工、ハードウェア編で述べますが、「チューニングの精度が非常に良い」とお使いのSagoアーティストや楽器店様からお声を頂いております。

 

 

3.ストラトキャスターと共通しているところ

では逆にストラトキャスターと共通しているところは?コレも以下にまとめました↓

 

・フレット数(22フレット)
・648mmのロングスケール
・薄めのCシェイプネック
・pick up選択の5 way switch
・トレモロアーム

 

 

 

 

 

馴染みあるグリップシェイプにより、ストラトキャスターから持ち替えても違和感なく、同様の演奏性でプレーすることが出来ます。

また3つのピックアップを活用した合計5パターンのサウンドメイクにより、透明感のあるクリーンでのアルペジオやコードバッキング、クランチ気味にしてジャジーなリードを弾いたり、ディストーションによるブリッジミュートやハードなギターソロなどあらゆるジャンル、現場でもSonia1本で対応出来ますよ。

完成後にライブのリハーサルの現場へお届けして、そのまま本番のステージでお使い頂いたこともあり、まさに即戦力となるギターだと自信を持ってオススメさせて頂いております。

 

 

4.まとめ

以上となりますが、いかがでしょうか?

Fender社以外にも様々なメーカーから各々の解釈のもと、ストラトタイプのギターを発表しており、選択肢は広いと思います。
ギター購入の際にSagoのConcept ModelSoniaもその選択肢としてご検討頂ければ幸いです。

 

なおSago New Material Guitars 15周年の軌跡を追った企画『trajectory of sago』にて
Sonia -Initial type-を製作しました。

Concept Modelの一番最初のモデルがこのSoniaであり、当時のボディ、ヘッドシェイプを用いたメモリアルな1本となっておりますので、
こちらもぜひご覧ください。

 

Sonia -Initial type- BBK(trajectory of sago)

 

 

次回のPART2では木工、ハードウェア編ということでSoniaを外側から徹底的に解説していきたいと思います。お楽しみに。

 

Sonia