Sago 15周年ライブレポート 桜村 眞編

こんにちは。

Sago 15th LIVE 〜Beyond the Border〜、続いて桜村 眞さんのライブの様子をお届けします。

 

1. 桜村 眞ライブ

m:a.tureの和城さん、ryoさん、ドラマーのMiMiさんとのバンドでのパフォーマンス。

アップテンポかつ変拍子のイントロが特徴的なm:a.ture「波動関数上のAim」よりライブがスタートしました。

 

 

このような楽曲ではフレーズのキレ、タイトにタテを合わせることが求められます。

桜村さんご使用のCurious -Oumura Custom- はアコギとエレキ両方のサウンドが出せるギター。

 

 

ホロウボディ構造でボディ、ネックともにサーモウッドを採用し、ピエゾ素子をブリッジに搭載することで、エレキギターでありながらアコースティックギターのような豊かな鳴りやシャキッとしたサウンドを出すことができます。アコギパートのコードバッキングは、この楽曲のスピード感にしっかりと付いていて、間奏のソロでもアコギらしいクールなトーンが聴けました。

幻想的な雰囲気の「希望、一縷。」のリードをCuriousで弾く姿も非常にかっこよかったです。

 

 

またフロントPUにはLx Humbucker Customを搭載し、こちらはエレキギターのメロウなサウンドです。

そしてアコギ+エレキ両方をミックスして出力することができ、MCでは実際に音を出してCuriousを丁寧に紹介頂きありがとうございます。

 

 

 

そして同じくSagoのギターをお使い頂いている和城さん。

和城Customはザクッザクッとしたコードの刻みやカッティングでパンチがあります。ギターソロでのシングルコイルらしいバイト感のあるサウンドも非常にかっこよかったですよね。

 

 

音数の多いテクニカルなフレーズも一音一音がハッキリとしていて、伸びのあるトーンにはテンション上がりまくりでした。

お二人ともSagoのギターをステージでカッコよく鳴らす姿、感激でした。

 

そして準備期間が限られていたとは全く思えない一体感。それを可能にするMiMiさんのアグレッシブで正確なドラム、Ryoさんのアンサンブルをしっかり支える太いベースも素晴らしかったです。

 

 

ラストは桜村さんのソロ楽曲「Sleeping Tokyo forest」 ラップ調に言葉を詰めた歌は、Sagoを15年続ける中での苦労や、思い悩む時期を回想し、サビの優しく包み込む感じが感動的でした。

ちなみにMVにはSagoの楽器も登場してますよ↓  いつもありがとうございます。

 

 

 

 

2.まとめ

以上となりますが、いかがでしょうか?

桜村さんとは「ライブワンステージ1本のギターで完結する」をコンセプトに様々なギターの開発にご協力頂きました。

そしてシチュエーションに応じたベストの1本をお選び頂いていることが今回のライブでよく分かり、Sagoブランドの楽器を大切にして頂いているのが嬉しかったです。

m:a.tureの楽曲を含めた桜村さんがメインボーカルのライブも貴重でしたね。

 

また桜村さんによる音楽・エンタメビジネス・ギター・楽器に関するオンラインサロン「音楽芸術メルトアウト研究院」が11月よりスタートしております。

早速Sago 15th LIVEの様子もアップ頂きありがとうございます。こちらもぜひチェックしてみて下さいね↓

<桜村 眞 音楽芸術メルトアウト研究院 サイト>

 

次回はGIRL FRIEND編です。またぜひ見てくださいね。

 

桜村眞 / 町屋 / m:a.ture / 和楽器バンド …etc

 

Curious

 

Seed Kotetsu 桜村眞氏モデル再入荷

 

和城

 

Sago 15周年ライブレポート 会場紹介〜シギ編