タフで軽量なナイロンストラップ、Rotaforza

こんにちは。

Sagoではルックスにこだわったギターやベースを日々製作していますが、それらを彩るアイテムにも力を入れています。
今回はSagoで取り扱いしているオリジナルブランドのS_IXよりタフで軽量なナイロンストラップ、Rotaforzaをご紹介します。

楽器を演奏している時に肩こりに悩まされている方にオススメしたいギターストラップです。

 

 

 

 

1.タフで軽量な秘密

このRotaforza最大の特徴はタフで軽量なところです。
車のシートベルトのような質感をイメージして頂くと分かりやすいと思います。

 

 

 

 

そのためギターを振り回すような激しいステージアクションでも応えられる力強さがあります。
これを可能とする秘密、それは素材にあります。

中空糸を使用していることから同規格のナイロンよりも20%の軽量化に成功。
ストラップを軽量してみると、わずか108gと非常に軽いです。

また副産物として上質な光沢と柔軟性を持ち合わせることが出来ました。
ストラップを装着してギターを構えると、体にしっかりとフィットし、肩への負担も従来のギターストラップよりも少ないでしょう。

およそ1.2mm厚の薄手で、柔軟性が高いことにより、ストラップを外して持ち歩く際にも、ギグケースやハードケースのポケットへコンパクトに折りたたんで収納出来るのもいいポイントです。

 

 

ストラップの幅は51mmと、一般的なナイロン製ギターストラップと同サイズであるため、タフさや軽量であることがよく分かると思います。

なおエンボス加工による上質な光沢のあるルックスの通り、ストラップ自体に適度な滑りがあるため、演奏中に程よい遊びが欲しい楽器プレーヤーにもオススメです。

 

 

 

2.リードレザー調の本革

Rotaforzaには高級感のある本革をストラップ取り付けの両端に採用しています。

 

 

 

取り付け穴はロックピンの使用にも最適な9φサイズです。
この本革部分も適度な柔軟性があり、ストラップの取り付けがスムーズに行えます。

 

 

3.カラー

カラーはシーンを選ばない3色を展開。
定番のBlackGreigeをはじめ、イタリア服飾雑貨の雰囲気を漂わせるNavyをラインナップしています。

なおBlackやGreigeの両端のレザーはブラックNavyはブラウンカラーを採用しています。

 

 

Rotaforzaはお手持ちのギターやベースを上品に飾ります。

 

 

4.実際に装着。

Rotaforzaを実際に装着してみました。

 

取り付け時の長さは最短で約900mmで、こんな感じです。

 

 

ベースだとまさにファンクマンですね 笑

 

 

最長1,550mmにするとこんな感じです。

 

 

パンキッシュなスタイルにも対応できます 笑

 

3種類のカラーそれぞれ付け比べてみましょう。

Black

 

 

Greige

 

 

Navy

 

お好きなものはありましたか?

 

 

5.まとめ

以上となりますが、いかがでしょうか?
Sagoのサブタイトルである“New Material and New Idea”の元、ギターストラップ以外にもミュージックライフを彩り、機能性に優れたアイテムを多数取り揃えています。
Finger Stepなどこれまでにありそうでなかった簡単にカスタマイズできるアイテムをSagoで開発しています。

Sagoブランドのギター・ベースを取り扱いしている楽器店様の他、オンラインショップのReodellでもご購入頂けますよ。

なお楽器通販でお馴染みのサウンドハウス様にて、今年からSagoブランドの商品を取り扱いをスタートしました。
スチューデントモデルであるSeedのギター、ベースやFinger Stepアーティストピックなどがありますので、お買い物の際についでにぜひポチってみて下さい 笑

 

今後もSagoブログでは注目のアイテムを紹介したいと思います。