Concept model Ridill編 Part1 What’s Ridill?

 

 

こんにちは。

Concept modelを紹介するコーナー。

 

今回はSagoのConcept model

の中でも、デザインしたのが

比較的新しいベースのRidill

特集していきたいと思います。

 

 

1.What’s Ridill?

Ridillはこれまで開発してきた

SagoのConcept Modelから得た

アイディアを集結したベースです。

24フレット仕様で演奏性の高さを

追求しました。

 

 

 

 

多弦モデルを意識しており、

重厚なルックスもポイントです。

 

 

 

2.ボディ周りの設計

ボディの設計は

ルックスはもちろん、

演奏性が左右されますので、

凄く重要です。

 

 

まず座った状態であっても、

ストラップを装着して、

ベースを高く構えた時のように

ボディ下部を広めにとりました。

 

 

 

エルボーコンターも広く取っていて

太もも、ヒジ、胸の

3点でしっかりホールドします。

 

指先だけでなく、押弦する手のひら

全体でストレッチができるよう

カッタウェイは広く取っています。

ハイポジションでの細かな

フレーズを弾く際にも

演奏性はバッチリです。

 

またピックガードなしでも

ピックアップを装着したかのような

弾き心地を実現するため、

ネックジョイントを深くしています。

 

 

ブリッジが乗るところについても、

一段落とし込んでいます。

ピックガードを必要としない結果、

ボディトップに選んだ木材の表情を

余すことなくボディ全体で

表現することが出来ますよ。

 

3.ヘッド

北欧神話に出てくる剣をイメージし、

ヘッドをデザインしたのが

始まりのRidill

 

 

 

なお5弦、6弦モデルについては、Low-B弦を1段落とし込んでいます。

 

 

テンション確保につながるほか、

特徴的なデザインに。

また、落とし込んだ分、

ヘッドバッグ側で一段持ち上げて、

厚みは均一になるようにすることで、

ポストの出ている部分が均等になります。

 

 

 

ヘッドの形状をカスタムオーダーの

ギターに取り入れたり、

こうしたデザイン性を

アーティストモデルに応用するなど

お客様からのアイディアを元に

新しい楽器が生まれていきます。

 

こちらはGIRLFRIENDのMINAさんのDullahan

 

 

4.ウッドマテリアル

よりRidillらしいサウンドを追求するため、

現行のボディ材はライトアッシュ、

ネック材はハードメイプル、

指板材はリッチライト

標準スペックとしています。

 

リッチライトというのは

人工素材で指板材として

近年注目されているマテリアルです。

 

個体差がなく、価格も安定しており、

UNISON SQUARE GARDEN、

田淵智也さんのモデル、Tabuchi MK-II

 

 

 

Ximera のギター、Moxinoなどにも

使われています。

 

 

カラーはハッキリしたブラックなので、

締まった感じのルックスに。

 

 

5.ピックアップ

ピックアップには

Nordstrand Big Single Pickupを採用。

 

 

シングルコイルのクリアかつ

タイトな音色に、立体感が加わったサウンド。

 

アンサンブルでのミドルの存在感が

素晴らしいとご好評頂いており、

Style-Jカスタムオーダーモデルなど

Ridill以外のモデルでも

選んで頂くことが多いです。

 

 

 

 

 

またこちらのピックアップ以外にも

通常のジャズベースタイプのものや、

バータイプのハムバッカーを

載せることもできますよ。

 

 

 

6.コントロール

コントロールはこのような構成です。

 

Treble/Mid/Bassの3バンドのブースト/カットはもちろん、

中帯域であるMid Frequencyの調節も可能。

 

パッシブモードにワンアクションで切り替えもできます。

ミニスイッチを付けて、

ミッドフリケンシーの帯域を指定して

コントロールすることもできます。

 

またSagoオリジナルのプリアンプは

オーディオライクに音を操作しつつ

パワフルに音が仕上がります。

 

 

7.まとめ

SagoのYouTubeチャンネルでも

カスタムオーダーをテーマに

Ridillについてお話ししております↓

 

 

 

他にも詳しく知りたいモデルや

解説してほしいアイテムなどが

ございましたら、

TwitterやInstagramなどの

コメントにお気軽に

ご意見下さい。

 

 

いつもSago Blogをご覧頂き

ありがとうございます。

 

Ridill