Sago Classic-Style P特集

 

 

こんにちは。

 

Sagoではオリジナルシェイプの

Concept Model以外に、

スタンダードなシェイプの

Classic-Style Series

ギター・ベースも日々制作しています。

 

今回はプレシジョンベースタイプの

Style Pについて深堀りしていきたいと思います。

 

 

 

 

1.サーモウッド採用のネック

ネック材にはサーモウッドを取り入れています。

 

サーモウッドとは元々建築の分野から生まれた技術。

 

木材を無酸素の状態で200度の高熱処理で

人工的に強制乾燥させることにより、

木材の中の余計な水分やヤニ成分がなくなります。

 

 

大気中の水分や気温の影響を受けにくい

ことから寸法が安定し、ネック材に

採用することで、ネックが動きにくく、

曲がりにくいため安定感が生まれます。

コンディションが安定していることは、

楽器を長く使い続ける上で

非常に大きなポイントです。

 

またサーモ処理を行う途上で、

木材の中には割れたり、

曲がってしまうものも出てくるため、

楽器制作には向かないものは

ふるいにかけられます。

 

サーモ処理をすることで、

上質な部分だけが残り、

木材が芯まで均一な質感になるため、

マテリアルとして安心してお選び頂けます。

 

サーモ処理することで、

少し軽量化されることもあり、

楽器の取り回しもいいと、

サーモウッド採用のギター・ベースをお使いの方々から

大変ご好評頂いております。

 

プレシジョンベースタイプのStyle Pを始め、

Classic-Style Seriesのギター・ベースには

サーモハードメイプルを採用しています。

 

近年は元の木材の質感も考慮し、

サウンド的にもバランスのとれた

ハーフサーモ状態のものをレギュラーで採用しています。

以下のSago Blogでサーモウッド

ついては詳しく解説しておりますので、

よろしければご覧ください↓

 

サーモウッドのあれこれ

 

 

 

2.ウッドマテリアル

アルダーボディ、ハードメイプルネック、

インドローズ指板とフェンダースタイルでは

標準的な木材の選定です。

 

 

しかし上記の通りネック材にサーモ処理を施しているので、

サーモウッドによる違いが分かりやすいと思います。

もちろんこれら以外にもSagoでは

各種木材を取り揃えております。

 

理想のサウンドを構築する上で

マテリアルの選定は非常に重要ですので、

オーダーをお考えの際はぜひSagoスタッフへ

ご相談ください。

 

Sagoファクトリーで実際に手に取って

お選び頂くこともできますよ。

 

Custom Order

 

3.ネックシェイプ

プレシジョンベースで気になるポイントして

厚めのネックが挙げられるのではないでしょうか。

 

SagoのStyle Pナットの幅は同じとしながら、

ネックの膨らみを少しスリムにすることで、

馴染みやすくしています。

 

なおお手持ちのギター・ベースの

グリップシェイプを再現する

カスタムグリップでお作りすることもできますよ。

 

 

4.ピックアップ

Sagoオリジナルのレシピにより

開発されたL(x) pickup。

 

Style PではRaveed 4st-Type1を搭載しております。

※タップすると販売ページへ。

 

42AWGのheavy formvar wireを使用し、

コイルの巻き方を工夫する事でPBタイプに不可欠な

骨太さと、バイト感を両立したモデルです。

 

プレシジョンベースらしい

キャラクターながらレスポンスが速く、

スラップでもスピード感があります。

 

なお、よりタイトな音にしたい、

バリエーション豊富なサウンドメイクをしたい場合は

ブリッジ側にジャズベースタイプの

ピックアップを追加し、PJスタイルでも制作可能です。

 

 

 

当初は純粋なプレシジョンベースとして完成し、

後からPJスタイルのベースとしてカスタムする

アーティストの方もいらっしゃいます。

 

こちらはJABBERLOOPの永田 雄樹さん

モデル、通称:ファミコンです。

 

以下の動画でデモンストレーション演奏踏まえ

詳しく解説して頂いておりますので、ぜひご覧ください。

 

 

永田雄樹 / JABBERLOOP

 

 

5.カラー

慣れ親しんだスタイルの楽器だからこそ、

拘りたいのがカラーやルックス。

 

プレシジョンベースではお馴染みの3トーンサンバースト。

 

 

サーモウッドのネックだと、ヘッドが茶褐色で渋い感じになりますよね。

 

 

またSagoオリジナルのラップ塗装は同じカラーでも

ラップの張り方によって毎回仕上がりが微妙に変わります。

 

 

またアーティストモデルInstagram

sago.galleryで挙げているモデルから

カラーやルックスのアイディアを

オーダーする楽器に反映することもできますよ。

ぜひフォローしてご覧ください。

 

 

 

6.まとめ

1ボリューム、1トーンとシンプルであるため、

その分楽器としてのポテンシャルが試される

プレシジョンベース。

 

Sagoならではのアイディアが反映された

Stlye Pはお取り扱いのある楽器店で

ぜひ試してみて下さいね。

 

Classic-Style P