新ストラップ Gz登場

最終更新日:  公開日:



こんにちは。
ギターストラップやギタークロスを展開するブランド、
S_IXより新しくストラップが登場しました。

その名もGz (ジーズ)
YouTubeのサゴチャンネルで紹介動画を
上げておりますが、今回のSago Blogでも
取り上げていきたいと思います。


1. Gz(ジーズ)とは?

「肩への負担を減らしたい。」

そんな声から生まれたギターストラップです。
注目ポイントはバネのような高い伸縮性です。
ストラップをつけて、ギター・ベースを構えた時、
伸びるだけでなく、もとの位置まで戻ってくる
ダンパー効果があります。

そして合皮のストラップは柔らかく、
身体への負担も少ないのがいいところです。
厚みがあり、ストラップの幅も広めにとってあるので、
面で肩に当たることにより身体にかかる力が分散されます。

ライブのステージ上でジャンプしたり、
激しいアクションしても、衝撃なく
しっかりフィットしますよ。

また自宅やスタジオでの音楽制作で座って演奏する際にも、
立って弾いた時と同じポジションで
ギター・ベースを構えるのにGzはいかがでしょうか?

2. カラーバリエーション

カラーバリエーションは、レギュラーカラー3色と
限定色3色の計6種類ご用意しました。

リバーシブルになっていて楽器や衣装、
気分によって付け替えることができますよ。

レギュラーカラーは

Black / Red / Brown の

3色で、反対の面は全てNavy。

一方限定色は

Pearl White / Pail Green / Paul Greige

の3色で、反対の面は全てGray。

どんな楽器にも合わせやすいカラー展開ながら、
リバーシブルなので内側から異なるカラーが
見えるのがポイントです。

品があり高級感漂うストラップは、
衣装と合わせてコーディネートすることも。
初回入荷限定で、入荷数もわずかなので、
この機会にぜひお試しください。

なおGzのカラーバリエーションは以下の紹介動画からも
ご覧頂けます。1分ちょいなので、
チラッと見てみて下さいね↓

3. 実際につけてみた。

Gzは近年ステージでよくお見かけする
ベースを高い位置で構えるスタイル
念頭に設計しました。

十分な高さまでボディを近づけることが可能です。

サイズ(最短):幅48mm×長さ920
サイズ(最長):幅48mm×長さ1,230
※長さは取り付ける穴の中心から穴の中心を計測しています。

<150cm・くぼっち>

<180cm・ゆうすけさん>

<ベースの場合>

長さはベルトのバックルで調整します。
自分のプレイスタイルに合ったストラップを装着することで、
演奏性の向上にも繋がりますよ。

なおSagoのYouTube、サゴチャンネルにてGzとRotaforzaを
体を張ってつけ比べしています。
それぞれ1時間ずつ、装着してみるとどうなるのでしょうか?

ぜひご覧くださいませ!

4.まとめ

今後も新商品の紹介や、楽器の制作風景、
ギター・ベースのお役立ち情報を投稿していこうと思いますので、
SagoのYouTubeのチャンネル登録や
Twitter・Instagramのフォローお待ちしております。

【YouTube リンク】

【Twitter リンク】

【Instagram リンク】

【Instagram gallery リンク】