Ximera Moxinoのレビュー

 

こんにちは。

今回はSonicとSagoのコラボブランドである

Ximeraのエレキギター 、Moxino

お使いの方よりレビューを頂きましたので、

ご紹介致します。

 

Ximera Moxino

2つのブランドのいいところが

集結した全く新しいギターです。

 

特に気に入ったポイントを

3つご紹介したいと思います。

 

 

 

 

1.個性的かつバリエーション豊富なサウンド

注目は何と言ってもそのサウンド。

Moxinoストラトタイプのエレキギターですが、

皆さんがご存知のサウンドとはまるで違います。

シングルコイルのピックアップが3つ並んだ

ストラトタイプのギターは、歯切れがよく、

チャキっとしたサウンドを

思い浮かべるかと思います。

しかしMoxinoはそのキャラクターを持ちつつ、

独特の太いサウンドが特徴です。

 

’60sストラトキャスターの

リファインスモデルとして定評ある

Jupiter LST-01 ピックアップは

シングルコイルですが、

レスポールのような粘り、

暖かさも感じることができます。

 

 

 

他の楽器に負けない存在感と

アンサンブルで合わせた時のバランスが絶妙です。

S-S-Sの配列で、単体では太く、

反対にハーフトーンはスッキリしていて、

ピッキングのニュアンスがしっかり出ます。

 

またノイズキャンセル用

ピックアップが搭載されているため、

単体で音を歪ませた時に気になる

ノイズがほぼ出ないのも嬉しいポイントです。

 

 

 

 

またボディに採用されている

サーモアルダーの恩恵により、

コード弾きをした際に1弦〜6弦まで

しっかり鳴っているのが分かります。

新品のギターでも低音から高音まで

最初からよく鳴ってていいですよね。

 

 

サーモウッドのあれこれ

 

そしてターボスイッチをオンにすると

ネック側とセンター、

またはセンターとブリッジ側の

ピックアップがそれぞれハムバッカーとして機能します。

擬似的にH-S-Hレイアウトのギターへと変身

 

ハムサウンドにおいても、バイト感が心地よく、

ハードなリードギターや、クランチ気味に

甘いトーンでオブリを弾いていると凄く楽しいです。

 

 

ネオビンテージの一言では収まらない

サウンドの個性そのものが非常に魅力的です。

 

 

 

2.利便性を追求した演奏性

サウンドバリエーションが豊富なことによる

利便性以外に、ギターを取り扱い、

コントロールすることにおいても様々な

アイディアが盛り込まれています。

 

コントロールは

1ボリューム、1トーン、5 wayトグルスイッチに加え、

ターボスイッチという構成。

ストラトキャスターを使ったことの

ある方であれば、直感的に操作が分かると思います。

 

 

 

米国Earvana社のナットを元に開発した

Sonicオリジナルのオイルボーンナット

 

摩擦が少ない他、弦を押さえることで

生じるチューニングのズレをナット側で補正しています。

 

 

これによりブリッジのサドルが直線的に並び、

どのポジションでも自然な音程感になります。

 

またSonicオリジナルトレモロ:

Stable-Tune Tremolo Kit

Gotoh製ペグの最上級モデル:

SGS510のMG-T(Magnum Lock Trad)

との組み合わせにより、

アーミングを行ってもチューニングの安定性は抜群です。

 

※Sonicオリジナルトレモロ:

Stable-Tune Tremolo Kitはこちらで詳細がご覧頂けます。

 

 

それとジャックの位置。

 

一般的なストラトキャスターの場合、

このようにナナメ下から上に

ストレートケーブルを挿すことが想定されています。

 

 

 

 

L型ケーブルだとピッキングの時邪魔ですし、

何より見た目がスタイリッシュではないですよね。

またストレートであっても誤って踏んでしまったり、

ケーブル自体が重すぎると抜ける恐れがあります。

 

しかしMoxinoは工夫されていて、

この位置にジャックの差し込み口があることで、

ストラップをつけてギターを構えた際に

邪魔になりにくいし、

ボディのデザインを損いません。

 

 

仮にL型プラグを挿したとしても

うまくケーブルが逃げてくれます。

 

 

 

ネックは一般的なストラトタイプのギターと

同様のCシェイプですが、

指板に施されたコンパウンドラディアスにより、

弦高が低い状態で弾きやすく設計されています。

 

 

ローポジションで握り込んでコードを弾いたり、

ハイポジションでリードギターやタッピングをしても

凄く弾きやすいです。

 

サイドポジションにはルミンレイ搭載により、

ステージで薄暗くなるシーンで光ります。

 

ライブでデンション上がるし、これは助かってますね。

 

 

 

3.スペシャル感満載のルックス

2ブランドのスペシャルなコラボということで、

ゴージャスなルックスもXimeraの特徴です。

 

ラップ塗装を施したモデルは、

Sagoのレギュラーカラーにはないカラーパターンや、

ラップの貼り方を工夫することで、斬新なデザインに。

 

 

シンプルなソリッドカラーのモデルであっても、

スパンコールのピックガードにより、

ステージで照明に当たると輝き、目立ちますよね。

 

 

ペイズリー柄を施したり、

ヘッドにもSago印のコンターが入っており、

ルックスにおいてもSagoさんのアイディアが盛りだくさん。

 

 

オーダーの際に、参考にしたいモデルがたくさんあり、

観ているだけでも楽しくなりそうですし、

ステージに持っていきたいですね。

 

 

Original Wrapping Finish ラップ塗装とは

 

4.まとめ

昨今のエレキギターはアンプシミュレーターや

マルチエフェクターの発達により、

いい音、使える音が多彩に、便利に鳴らすことが出来ます。

 

様々なジャンルがクロスオーバーする中で、

あらゆるサウンドアプローチに対応しつつ、

ギター自体に個性が強く求められているように感じます。

 

そんな中でXimera Moxino

上記のポイントを全て網羅し、

ストラトタイプのギターの演奏性を継承しながら、

全く新しいサウンドを生み出すことが出来ます。

 

ストラトキャスターは万能で、守備範囲が広いイメージ。

この特徴を持ち合わせつつ、

Moxinoをギターアンプで鳴らした時に

これまでに体験したことのないそのサウンドにただ驚きました。

 

本格的なギターをお探しの方はXimera Moxino

ぜひお試し頂きたいです。

 

ステージ、制作の現場で頼もしい存在です。

 

Ximera Arxi4のレビュー

Custom Order