Sagoの和材ギター 樫・栗編

最終更新日:  公開日:



こんにちは。

ウッドショックやコロナの影響により、
減少が続く従来の楽器用木材。

Sagoではサーモウッドカーボンネックなど、
New Materialを取り入れて、
枯渇する木材と向き合いながら、
新たな楽器作りを日々行なっています。

そこで最近注目しているのが
和材、Japanese Wood!

今回は樫・栗編ということで、
こちらのオール和材で製作した
Classic Style T Customについて解説します。

1.ボディ材:栗

の木はSago創設当初から
取り扱いしている和材の一つ。

重硬で、水潤にも強く、
耐朽性があります。

また褐色を帯びた灰白色で、
環状に道管が大きく現れ、
特徴的な渋いルックスであることから、
ボディ材に採用しました。

栗の木の質感をダイレクトに
感じてもらうため、シンラッカー
仕上げています。

音の傾向としてはライトアッシュに近く、
明るくクリアな印象です。

しかしライトアッシュほどは
ハイのギラギラとはしておらず、
和材特有の柔らかさを感じます。

ちなみに演奏性を考慮し、
ボディにエルボーコンターを施しています。

※通常のClassic Style Tには
エルボーコンターがなく、ボディ表面はフラットです。

2.ネック材・指板材:樫

の木は国産材の中でも
極めて重硬で強靭です。

ハードメイプルと同じくらいの硬さがあり、
強度や音の立ち上がりの点から
ネックに適していると考え、
ネック材・指板材に採用しました。

音の傾向はハードメイプルに比べて
粘りがあり、ミドルがガツンと
しているように感じます。

また道管が特徴的で、
こちらのOve4のホワイトオーク
のように手触りが非常にいいです。

Ove4

Style T Custom(樫)

この手触りのよさを生かすため、
薄めのウレタン艶消しで仕上げております。

このランダムに現れる杢も
かっこいいですよね。
インレイやポジションマークとは異なるアプローチで
指板にインパクトを出したいという方にもオススメです。

3.ピックガード材:黒柿

和材はルックスが個性的なものが多いです。
装飾材としてもオススメで、
ピックガードには黒柿を採用しました。

黒柿は黒檀(エボニー)程ではありませんが、
硬さのある木材です。
指板にもお使い頂きます。

場所によってはスポルテッドメイプルのように
脆かったり、節が目立つところがあります。

ボディの2TSのカラーとも相まり、
いいアクセントになっています。

4.コントロール部

木材以外の仕様、ピックアップやハードウェア、
電装系のパーツ類は基本的に
通常のClassic Style Tと同様としています。

和材を用いた今回のClassic Style Tで、
ピックアップのパターンを変えることで
相性の良さを探る目的で、
5 way Switchを採用しました。

①Neck PU
②Neck PU & Bridge PU(Parallel)
③Bridge PU

ここまでは通常のClassic Style Tの
3 way Switchと同じ。

ここに

④Neck PU & Bridge PU(Series)
⑤Phase Switch

④はNeck PUとBridge PUを直列状態に接続し、
疑似的なハムサウンドが得られます。

⑤はPhase Switchと言って、
二つのうち片側のPUの位相を反転させ、
あえて音を打ち消し合うようにしています。

通常はノイズを軽減させる目的で
位相反転を利用することがギターでは一般的ですが、
このPhase Switch (out of phase)
あえて音が打ち消しあった状態、低音感が
ごっそりなくなった音色になります。

出力も落ちますが、このペラッとした音色が、
特にカッティングで生きてくるのです。

5.サウンド

気になるサウンドはYouTubeで
ぜひ聴いてください。
Sagoスタッフがデモ演奏しています。

カッティング、アルペジオ&コードストローク、
リードの3種類を5つのPUパターンで聴き比べできます。

の木特有の明るいサウンドかつ、
テレキャスタイプらしい高音のキレを感じます。

またソリッドボディですが、
セミホロウ構造のギター、
例えばSagoのBuntlineのような
エアー感を感じます。

一方で音が広がりすぎず、
タイトすぎない、音のまとまりが
絶妙なのはネックに採用した
の木おかげでしょうか?

栗・樫といったマテリアルによって、
新しいテレキャスタイプのサウンドが
生まれたのではないでしょうか。

なおSagoのYouTubeチャンネルで、
皆さんの試奏動画を随時募集しています。

オーダー頂いた皆さまの演奏により、
これからオーダーをお考えの方々の
参考になればと考えてますので、
ぜひともよろしくお願いします。

6.まとめ

オール和材のギターはこのほかにも、
将棋の木材で構成されたClassic Style Tや、

欅、椅子の木を用いたTD-035 Customなどを
製作してきました。

どのモデルにも共通して、和材は手触り、
サウンド共に柔らかさを感じます。

そして和材ならではの渋いルックスも魅力的ですね。

SagoならではのNew Materialとして、
Made in Japanのギターとして、
和材のギター・ベースをこれから
どんどん紹介していきます。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!