7弦ギター用カーボンネック登場

最終更新日:  公開日:



こんにちは。

先日のNAMM SHOW 2024のモデルとして
紹介したYmir7。

このタイミングでカーボンネックの
新ラインナップとして7弦ギター用の
カーボンネックが新たに登場しました。

今回のブログで改めて紹介します!

1.カーボンネックとは?

Made in Japan のフルカーボン製ギター・ウクレレを
製造している炭丸ギターさん協力の元、
Sagoはエレキギター、ベースに
カーボンネックを導入しました。

従来のカーボンを使った楽器は
全て海外製でしたが、国産のカーボンネックを
搭載したエレキギター・ベースはSagoが初です。

6弦ギター、4弦ベースに加え、
ご要望の多かった7弦ギター用の
カーボンネックが新たなラインナップとして
加わりました。

無骨で冷たいイメージにならないよう、
カーボンの焼き方を工夫しております。
ネックを中空構造にすることで、柔らかく、
木材のようにしっかり鳴るよう設計しております。
またネックの重量がカーボンと木材とで大差なく、
楽器を構えたり、ネックを握った時の感触が
木材と違いすぎないようにしています。

枯渇、高騰する木材に代わる
新たな素材としてぜひカーボンをお試しください。

2.環境変化を全く受けない

カーボンネック最大の特徴。

気候変化に全く左右されず、
ベストのネックコンディションを
常に保ったまま演奏ができます。

木材の場合は、楽器として完成してからも
木材が水分を吸ったり吐いたりすることで、
ネックが動いて(曲がって)しまいます。
人工的に強制乾燥させたサーモウッドは
環境変化に強いとはいえ、
ネックが絶対に動かないということはありません。

カーボンはそうした心配はなく、
一度セッティングしたネックコンディションを
維持し続けることが最大の特徴です。

また木材のネックと同様に
トラスロッドを仕込んでいます。
弦高調整やネックの状態
(ストレート、ほんの少し順反り気味など)を
微調整できます。

3.仕様

Scale: 648mm
Radious: 16 inch
Fret: 24F

フレットの種類はステンレスのJESCAR #57110。
標準で採用している#47095 よりも大きいサイズ。

フレットのサイズが大きくなることで、
フレットを抑える力が少なくてすみ、
アタックが際立ちます。

タッピングやレガートで
音が大きく鳴りやすくなります。

ネックの太さ、厚みについても
Ymir7を元に設計しており、
テクニカルなギター演奏がしやすいよう、
適度な太さ、厚みにしています。

市販されている速弾き向けのギターのような
厚みが薄めのネック、という感じではなく
6弦ギターから7弦ギターへ持ち替えた時に
スムーズに以降できるようなイメージのネックで
設計しております。

なおサイドポジションにはルミンレイを採用。
光を吸収し、暗い時に光るので、
ステージで薄暗いシーンでの視野性は抜群です。

※プラス1万円で指板面にドットポジションを
入れることは可能ですが、
カスタムインレイなどは対応しておりません。

4.サウンド

気になるのはやはりサウンド。

Ymir7 Reguilar Spec.(ライトサーモメイプルネック・
リッチライト指板)と
Ymir7 Carbon Neck Custom
(カーボンネック・指板)を弾き比べしました。

※今回の比較はネックの差し替えではなく、
同じスペックのボディ
(メイプルトップ・バスウッドバック)、
ピックアップでの比較です。

6弦ギター(Sonia)の際の比較では、
ネック材では定番のハードメイプルや
Sagoお馴染みのライトサーモメイプルと比べて
そこまで違いがないようにも思われました。

しかし7弦ギターは弦が1本増えることにより、
ネックの質量が増えます。
それにより、マテリアルによるサウンドの違いは
6弦の時より分かりやすく表れています。

カーボンは木材と比べてフラットな印象で、
均一に鳴る傾向にあります。

7弦ギターにおけるローエンド(Low-B弦)の
サウンドについてはライトサーモメイプルに
比べるとスッキリしています。

ギターらしい豊かな低音、
厚みはネックがその一因となり、
木材のネックの方がそのイメージに近い
サウンドにはなるでしょう。

一方、7弦ギターを使うギタリストは
ギターアンプやエフェクトペダル、
シールドやピックアップなど、
ギターの機材トータルで音作りに
こだわる方が多い印象です。

その中で、カーボンネックの7弦ギターは
素直でローエンドがスッキリしている。
と言うことは、より緻密に音作りをする際に
コントロールがしやすいと言えます。

Low-Bのサウンドに迫力を持たせつつ、
タイトに重低音鳴らしたい場合に
カーボンは有効なのではないでしょうか?

バスウッドのようにあえて木材自体に特性を
持たせないマテリアル選定をすることで、
他のパーツ(ピックアップやギター弦)、
アンプやエフェクトペダルのキャラクターに
重点を置いた音作りができます。

実際に音の感触を確かめたい方は
ぜひ試奏してみてください!
サウンドメッセにて新しくYmir7を
ショーモデルとして展示しますよ!

5.その他

レーシングカーのような洗練された
カーボンのルックスも魅力の一つです。

カーボンネックのモデルを
これまでに制作していて感じたことは、
どのようなカラーに合わせてもマッチするということです。

定番の3TSに合わせても様になってますし、

カーボンネック ベース

ラップ塗装

最近Sagoでチャレンジしているフロイドアート

もちろんパーツ類含めて全てブラックでもカッコよく仕上がります。

カーボンネックベース

なおこの7弦ギター用のカーボンネックですが、
Ymirの仕様を元に設計していますが、
ネックジョイントをカスタムすることで
どのモデルでも搭載可能です。

SSHのピックアップレイアウトが
特徴的なSoniaについても
7弦のカーボンネックを搭載することができますよ。

※ネックの仕様を限定させて頂いている関係上、
カスタムオーダーでカーボンネックをお選び頂く際に、
オーダーの内容によっては、ギター・ベースの
全体の仕様に関して相談させて頂く場合がございます。

6.まとめ

ご要望の多かった7弦ギター用のカーボンネック。

日頃Sagoのギター・ベースをお使いの皆さまからの声や、
YouTubeなどでコメントを頂くことで、
新たなマテリアル探し、
アイディアの参考になりますので、
今後ともSagoの投稿に注目ください!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!