Concept Model Curious編 Part2 もう一つのCurious

最終更新日:  公開日:



こんにちは。

SagoのConcept Modelを紹介するコーナー。

エレキギターのCurious (628ver.)について、
Part1で紹介させて頂きました。

しかしCuriousにはもう一つ別のバージョンが存在します。
それがCurious 648ver.です。

今回はそのCurious 648ver.について紹介させて頂きます。

1.What’s Curious 648 ver.?

Sagoのギターやマテリアルを熟知頂いている
桜村眞さん(和楽器バンド: 町屋さん)から、
アイディアを頂き、誕生したモデルです。

648とは648mmのフェンダースケールのことで、
ネックの弦長をフェンダースタイルに設計しました。
※628ver.はギブソンスケール(628mm)で設計。

またスケール以外の628ver.との違いは
ボディ内部を肉抜きしているエリア(中空構造の部分)を
サウンドホール付近の最小限にし、
ハウリングが起こりにくい構造にしました。

そのためピックガードはなしにして、
ボディバックからザグリを入れています。

2.サーモウッドボディ・ネック

Sagoですっかりお馴染みのサーモウッド。

中空の箇所を最小限に抑えた分、
よりアコースティックなサウンドにすべく、
Curious 648ver.ではボディバック・ネックの
両方にサーモウッド採用
しています。

ボディのサーモアルダー、
ネックのサーモハードメイプルは、
Sagoのサーモウッドにおいて
基本的なラインナップです。

通常は全体のバランスを考えてサーモウッドはネック
またはボディのどちらかにするパターンが多いのですが、
アコースティックな鳴りがコンセプトのCurious 648ver.は
ボディバック・ネックの両方にサーモウッドを採用しました。

なおサーモ処理の途上、
木材によっては割れてしまったり、
曲がってしまうものが中には出てきてしまいます。

サーモ処理によって、楽器の木材として
良質な部分だけがふるいにかけられるため、
安心してお使い頂けるマテリアルとして
提案させて頂いております。

ちなみにトップ材はハードメイプル2P、
指板材はローズウッドを標準にしており、
Curious 628ver.と同様、セットネック構造にしています。

3.ピックアップ

フロントピックアップはL(x) Humbacker
リアピックアップはなしで、
ブリッジにピエゾピックアップを搭載しております。

フロントのピックアップはエレキギターのサウンドで、
ホロウボディの特性を活かしたメロウなサウンドです。

一方ピエゾピックアップでは
アコースティックギターのような豊かな鳴り、
シャキッとしたサウンドを出すことが出来ます。

そしてこれらはミニスイッチで切り替えることができ、
真ん中にすれば、エレキ+アコギ両方ミックスした
サウンドにもできます。

2019年に行われたSago 15th Liveにて、
桜村眞さんのステージでは
Curious -Oumura Custom-
お使い頂いておりました。

和楽器バンドの時とは違い、
桜村さんがメインボーカルを務めていたため、
バッキングを主体としたギタープレイでした。

エレキパートとアコギパートが
混在する楽曲においても、
Curious 1本で演奏していましたよ。

そういった点でも

「ライブワンステージ1本で完結する」

を体現されているのが印象的でした。

そのため、ライブでエレキギターと
アコースティックギター、両方を演奏される
ギタリストの方や、バッキング主体で歌を歌いながら
演奏するギターボーカルの方にもオススメのモデルです。

4.Collaborate Model【木象嵌】

木象嵌師:内山春雄さんとのコラボモデル(2015作)
ではボディ前面に木象嵌を大胆にレイアウト。

Curious 648Ver.はピックガードを
付けない仕様なので、こうしたデザイン面で
自由度が高いです。

SagoはMade in Japanのメーカーなので、
こうした日本らしいデザインやアイディア
これからもどんどん取り入れて行きますよ。

5.まとめ

ホロウボディの構造、
セットネック、
ネック・ボディ両方にサーモウッドを採用…
これらは桜村さんの「時雨」と共通しており、
今思えばCuriousの設計がヒントに
なっていたのかもしれません。

アーティストの皆さまや、
Sagoのギター・ベースをお使いのお客さまから
新しいアイディアからSagoの楽器が
進化してきていますので、
今後ともYouTubeやSNSなどで、
コメント頂けますと幸いです。